当社お勧め商品は、こちらから購入出来ます。





生息地・生 態


野生のサザナイミンコは、中央アメリカの南メキシコからパナマ西部にかけてと南アメリカ北西部のベネズエラ西端からコロンビア、ペルー全域とボリビア中央部の山岳地帯に分布していることが確認されています。
特にコスタリカのタラマンカ山脈や南メキシコの南シェラマドレイ山脈付近から、グアテマラ、エルサルバドル、ホンジュラス、ニカアグア、コスタリカ、パナマの山岳地帯に多く分布しています。(下図)



主として、高地の密林や亜熱帯林、亜熱帯雲霧林に生息しており、群れを作って長距離の移動をしながら生活している漂鳥です。
これらの地域の標高1,500mから2,300mとかなりの高地でも観察され、変化に富んだ地域や気候下に生息していますので、環境に対しての順応性が高い鳥であると言われています。
季節により、夏季は標高1,500mから2,300m、冬季は標高600m以下の低平地に移動をして、20羽以下の小さな群れから100羽以上の大きな群れを形成して、移動をしながら、果物や樹木の実や種子を主食に昆虫やその幼虫を捕食しています。